旅行時の持ち物一泊する時チェックリストがほしいあなたに朗報です!!

急に友達からの1泊旅行のお誘いや、上司からの出張命令等があった場合、必要な持ち物は忘れずに旅先へ行きたいもの。

そんな場合、みなさんはどうしてますか?

おそらく多くの人が必要に思ったのものを考えながらカバンに詰めているはずです。

大抵の人は、この方法で持ち物を忘れずに準備できているかもしれません。

ただ、この方法だと持ち物を準備するのに時間が掛かったり、忘れてしまう可能性もあるかもしれません。

そこで、今回は「持っていくべき持ち物チェックリスト」、「持っていくと便利な持ち物」について紹介していきます。

それでは、楽しい1泊旅行になりますように。。

⇒日帰り旅行の持ち物リストはこちら

スポンサーリンク

一泊旅行で必要な持ち物を13個紹介!

旅行先でなくても普段から必要な持ち物である、現金クレジットカードといったお金は必須と言えるでしょう。

他にも、移動するために使っているチケット常備薬、そしてコロナ化で必須となっているマスクなど絶対忘れてはいけない持ち物をリストアップしています。

こちらの項目を画像等で保存して置くと、慌てずスピーディに持ち物を準備することが出来ます。

・現金
・電子マネー・クレジット・デビットカード
・免許証・学生証・保険証
・新幹線や航空券のチケット(二次元バーコード等)
・ETCカード
・スマートフォン、携帯電話
・ポータブル充電器
・コンタクトレンズ・眼鏡
・マスク
・下着
・靴下
・化粧品・洗面用具
・常備薬

現金

説明はいらないと思いますが、旅先では一番頼りになるのが現金です。普段の買い物をキャッシュレスで慣れている人だと忘れがちかもしれません。離島や地方でお土産を買おうとしても現金しか扱いがないことが多い。そのため、ある程度の現金や小銭を持っておくと安心です。

電子マネー・クレジット・デビットカード

現金だけでなく、カード類も持ち合わせておくことで買い物がスムーズになります。また、急な費用が発生する際にも、クレジットカードを持っていると安心です。でも、旅先だからって使いすぎには気を付けましょう!

免許証・学生証・保険証

旅先でレンタカー等を借りる時は、免許証は絶対に使います。免許証を持っていることで身分を証明することが出来るのでGotoキャンペーンであったり、各種割引の適用を受ける際に活用できます。また、急な病院利用の場合も慌てないために、保険証を持っておきましょう。

新幹線や航空券のチケット(二次元バーコード等)

移動の際に使うチケット類は必ず持っていることを確認しておきたい。旅先における決まったスケジュールで乗り物に乗れないとすべて台無しになってしまいます。また、紙のチケット類とは別にスマートフォンに二次元バーコード、予約画面、予約確認メールも合わせて用意しておくとなにかあった時に役立ちます。

ETCカード

旅行先では、スケジュールが大事です。そのためにも、レンタカーで高速道路を利用する際にスムーズな清算をするために必要な持ち物となっています。普段は、自分の愛車に搭載しているかと思うので忘れずに持っていきましょう。

スマートフォン、携帯電話

スマートフォンは、普段から利用していて無くてはならない必需品です。連絡手段だけでなく、地図アプリがあると初めての地でも安心して行動することが出来ます。また、スマートフォンに飛行機のチケットサービスやクーポン等が入っている場合は、忘れずに持っていきましょう。

ポータブル充電器

旅先では、普段よりスマートフォンを使う機会が多いのでバッテリーが消費されます。充電器はもちろん持っていくかと思いますが、ポータブル充電器も持っておくと便利かもしれません。いざ写真、動画を撮ろうとしたときにバッテリーが無くなっても問題ありません。

コンタクトレンズ・眼鏡

普段から使っている人は、ないと何も出来ませんし、見えません(笑)。眼鏡やワンデーコンタクトレンズを予備として持つことで何かあっても安心して旅が出来ます。

マスク

新型コロナ感染予防として「新しい生活様式」を行うために必要となった必需品です。旅先では、いつ汚れるか分からないので複数枚持っておくといつでも替えることが出来ます。

下着

1泊旅行ですから1セット持っておけば問題ないかと。ただし、雨で濡れたり温泉に入る機会が増えた場合も想定して2セット持っておくと安心です。

靴下

下着と同じ考えで、2セット持っていくと良いかもしれません。また、普段はストッキングを使っている女性だとしたら、寒さ防止で使うのもありです。もしくは、土足で入れないお店で素足を避けたい場合にも使えるので持っていると便利な持ち物です。

化粧品・洗面用具

宿泊先には、アメニティが揃っているので持っていく必要はないと思われます。しかし、普段から使っている髭剃りや化粧品を使いたい人であれば持っていくべきかもしれません。1泊だけなので、あまり気にすることではありませんが、自分に合ったものを使うことでモチベーションを保つことが出来る人は持っていくべきでしょう。

常備薬

普段、服用している薬があれば絶対忘れてはいけません。服用していない人でも、最低限の薬を持っておくと安心です。旅先では、普段と環境が異なるので食べ物で腹痛を起こした時のためにも胃腸薬は必要です。小さな傷を負ったときも、絆創膏をもっておくとすぐ処置出来るため必須な持ち物となっています。あとは、乗り物酔い止め薬、頭痛薬、痒みを抑える薬等を持っておけばなお安心して旅行出来ます。

スポンサーリンク

一泊旅行の出発・移動中にあると便利な持ち物

一泊旅行で必須持ち物は紹介しました。
ここからは、これを持っていると旅先で快適に過ごせる持ち物を紹介していきます。

雨具

天気予報によりますが、一泊旅行ではあまり持っていく人はいないかもしれません。第一、雨具って荷物にもなるしコンビニでも買えるから省く人が多いです。しかし、急な雨や周りにコンビニがなかったりと、探すのに時間を費やすのはもったいないです。また、今は折り畳み傘も軽量化されているので持ち物の1つとして考えてみてはいかがでしょう。

ハンカチ、ポケットティッシュ

普段から身だしなみとしてハンカチを持っている人は多いかもしれません。旅先では、いつも以上に手洗い・うがいが求められますのでハンカチだけでは足りなくなるかもしれません。そんな時に、街角で貰うポケットティッシュの出番です。コロナ対策で店頭入口には、アルコール等の消毒液を設けているが、思ったより多くプッシュした場合に拭くことも出来ます。

携帯消毒グッズ

コロナの感染対策として、今は必要な持ち物です。100均で購入した小さな容器にアルコールを詰める等してコンパクトに使う人もいます。また、除菌シートも持っておくと液漏れして無くなった場合でも使うことが出来るので、予備として持っておいた方がいいかもしれません。

音楽プレイヤー・イヤホン

一泊なので必要ないかもしれませんが、移動中に音楽を聴きながらだとあっという間に目的地へ着くことが出来ます。

ビニール袋・チャック付きポリ袋

旅先では、汚れ物が出るので袋類は絶対持っておくべきです。特に、エコ活動の一環としてレジ袋が有料となっているので、ごみ類をまとめる際に重宝します。また、チャック付き袋を持っていると、液体などの中身がこぼれそうなものでも入れることが出来るので何枚か持っていくべきでしょう。

水筒

ペットボトルを買うのもいいかもしれませんが、マイ水稲をお勧めします。夏場だと長時間冷えているし、冬場だと温かい飲み物を飲むことが出来ます。また、宿泊先にはお茶、コーヒー、紅茶などが置かれているので好きな飲み物を無料で補充できるので節約出来ます。

普段スマートフォンを見ている時間が多く、ネット時代のため本を読む時間が無くなってきているかもしれません。旅先のすき間時間にゆっくりと本を読む時間を設けることで充実した旅行になること間違いありません。

お菓子・のど飴

旅先で冬場だと、場所によっては乾燥を伴っていることがあります。そんな時は、飴玉が役に立つでしょう。友人との旅行の場合は、移動中に会話を楽しみながらお菓子を分け合うことで気分を上げることが出来ます。また、宿泊先で寝付く前に小腹がすいた時に必要となるので持っておいて損はしません。

巻物・防寒着

一泊で国内旅行のため、気候を気にすることは少ないはずです。しかし、旅行先が思ったより寒かったりすると、体調を崩してしまう恐れがあるため念のため持っておくと一安心なのでぜひ1着は持っておきましょう。

ガイドブック

ガイドブックを持っていると持っていないとでは、旅先での楽しみが変わってくることでしょう。有名処でも初めての地では、素通りしてしまうおそれがあるため1冊持っていると旅が充実します。また、スマートフォーンを持っているとリアルタイムで現在地を把握することが出来るので迷わずに目的地へ向かえます。

アイマスク・ネックピロー

移動距離がある場合は、仮眠をとることをお勧めします。もちろん、移動中外の景色をみるものがない場合に限ります。移動中に体を休ます事で、目的地へ着いたとき疲れがまったくない状態で観光を楽しむことが出来ます。

車載充電器

ポータブル充電器も大事であるが、車載充電器を持っているとドライブ中に充電することが出来るので重宝します。というのは、スマートフォンでナビアプリを使っていると、バッテリーの減りが速いためポータブル充電器だけでは不十分かもしれません。もちろん、スマートフォンと繋ぐケーブルを忘れずに。

スポンサーリンク

一泊旅行の旅先で役に立つ持ち物

ここで、一泊旅行を楽しむためのアイテムを紹介していきます。一通り紹介していますが、なくても困らない物まで含めているため最後はご自身で判断したいところ。

カメラ

今どきの人は、スマートフォンでカメラを代用していることが多いです。普段撮影している分には構いませんが、旅行先ではしっかりとしたカメラを使うことで、より美しく撮ることが出来るため持っておくべきです。

三脚・自撮り棒

 

周りに写真撮影をお願いできる人がいれば問題ありません。しかし、持っていないがためにみんなで写真撮影することが出来なくなる恐れがあるため、是非持っておきましょう。

予備バッグ・エコバッグ

買い物で使う以外にも、宿泊先の入浴を利用するときに洋服を入れるに使ったり、汚れ物の服を分けたりと様々な用途で使えます。旅行するカバンの中は、あまり物をいれたくないが、必要となった時だけ広げて物を入れることが出来るので、旅先では重宝します。

筆記用具・メモ

以外に旅先へ持っていくのを忘れるのが筆記用具やメモ。列車の時刻をメモしたり、旅の移動中にふと思ったことをメモするためにも、ペン1本は持っておきたいところ。

帽子・サングラス

冬だから帽子やサングラスは不要だと思っている人も多いかもしれません。しかし、冬場でも晴天の雪景色は非常に眩しく日が強い。場合によっては、日焼け止め薬も持っておきましょう。

クーポン・入場券

旅先では、出来るだけクーポンを入手して観光施設や食堂で利用しましょう。また、旅先ではなく事前に購入している場合は、クーポンや入場券を忘れずに。期限切れとなってします恐れがあります。

水着、サンダル、タオル

旅先で行く場所によっては、持っておくべきでしょう。水着の種類は多種に渡り存在するので自分好みを事前に用意しておくべきです。仮に現地で調達しようとすると、自分のお気に入りがない可能性もあるので気を付けましょう。

スポンサーリンク

一泊旅行で宿泊時はこれを持っていると快適になる物は

ここでは、一泊旅行の宿泊時に便利な持ち物を記載しています。男性と女性で内容が異なってくるので、それぞれの立場で選びましょう。

洗面用具・男性の場合

今のホテルは、アメニティが充実しているためほとんど持っていく必要はないだろう。強いて持っていくとしたら、カミソリは普段から使っているものを使った方がいいかも。

洗面用具・女性の場合

女性の場合は、お気に入りの洗面用具を使っている人が多いかと思います。そのため、100均で小さなケースを購入し、メイク落としからシャンプー、リンス等を詰めて持って行った方が安心して宿泊出来ます。

室内シューズ・スリッパ

こちらは持っていく人が少ないかもしれません。備え付けのものは用意されていますが、万が一使いまわしスリップを使うのに抵抗がある人は、マイスリッパを持っておくと便利です。

電源タップ

旅行先に、複数のデバイスを持ってい行く人が増えています。宿泊先によっては、コンセントが一つしかない場合もあるので念のため持っておくことをお勧めします。

耳栓

仮眠を取りたいとき、友達と相部屋になったときに重宝するのが耳栓。これがあるとないとでは休める度合いがまったく異なりますので持っておいて損はありません。

入浴剤

ホテルに置かれている入浴剤が合わない人にとっては、普段から使ている物を持っていくと安心してお風呂に入ることが出来ます。

ミニ加湿器

季節、旅先によっては乾燥している場合もあります。冬場は、暖房で乾燥していることが多いのでミニ加湿器がお勧めです。加湿器と聞いて、荷物になるからいらないと思った人。今は、ペットボトルを流用したものや、紙を使って電源自体不要なものまであるので使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました