正直不動産の月下はどんな人?見た目よし!人柄良し!

正直不動産に登場する新人月下の人気が高まっています。

正直不動産はドラマ化が決定し、山下智久さん、福原遥さんと人気あるキャストが出演することもあって期待高まる作品です。

他にも個性あるキャストが決定し放送が待ち遠しいですね。

⇒正直不動産に出演するキャストはこちら

この記事では、主人公の永瀬と一緒に働く月下を紹介しています。

それでは、どうぞ。

スポンサーリンク

【正直不動産】月下役に福原遥!

月下役を演じるのは福原遥さん。

福原遥さんは2022年後期のNHKテレビ小説「舞いあがれ!」のヒロインで話題となっています。こちらの作品もぜひみたいですね。

正直不動産の出演が決まり、早速作品を読んだところ月下の働きぶりに共感を得たとのこと。

同じ女性として、仕事に対してまっすぐ向き合う姿を自分と重ねたのでしょう。

正直不動産に登場する月下は、登坂不動産に新卒採用で入社します。

髪型は今風でルックスも申し分なく綺麗な女性でスタイル抜群です。

福原遥さんが演じるのも納得。

しかし、永瀬との初対面でメイクや前髪を指摘されてしまいます。

私は良いと思うんですがね・・・。

どうやらお客の購買意欲に影響するようです。

月下の営業スタイルのモットーは、「カスタマーファースト」です。

お客を第一に考え、誠実に向き合う営業スタイルを行っています。

祟りに合う前の永瀬とはまったくと言って対照的な営業スタイルですね。

正直なことを言う永瀬になってからは、尊敬するようになります。

次に月下の人柄について見て行きましょう。

スポンサーリンク

【正直不動産】月下は初契約で再認識

月下は、初めてのお客に自身もって紹介できる物件を見つけました。

↓詳細はこちら↓
交代多し物件の正体は?

お客は、4月から大学に通う女子大生。

紹介した物件は相場よりも格安で、立地、セキュリティが好条件となっています。

月下は、好条件な物件なのになぜ相場より格安なのか理由が分かりませんでした。

永瀬が月下やお客に対して正直に理由を説明し、悪徳オーナーの存在を伝えました。

理由を知りながら契約を進めようとしたことをお客は激怒してしまいます・・・。

事務所を立ち去り、契約には至りませんでした。

月下はこれで良かったと思っています。

(©『正直不動産』)

数日後、改めてお客から連絡があり別の物件を探す運びとなります。

結果的に激怒したはずのお客が再度戻ってきました。

お客に対し隠し事なくすべてを話したことが良かったのです。

カスタマーファーストは間違っていなかったと再認識することができました。

包み隠さず正直にお客へ伝えたことが、結果的にお互い身持ちの良い取引になったということですね。

正直者がバカをみない世間になることを説から願います。

次に月下の人柄が分かる言動について紹介します。

スポンサーリンク

【正直不動産】月下の人柄を知る

月下の人柄がよりわかる場面があります。

ある若いカップルが子を授かり、新しく新居を探しているときの話です。

永瀬と岩沢が話を進めていたが···。

↓詳細はこちら↓
賃貸保証会社の審査が厳しい!カップルは入居できる?

カップルの男性、女性どちらも賃貸保証会社の審査に通過することが出来ずにいました。

そこで、月下の登場です。

カップルと岩沢に対して、アドバイスをします。

(©『正直不動産』)

お客の保証人になるとまで言い、オーナーに信用してもらった話をしたのです。

ここまで出来る人は、中々いないですよね。

そんな月下ですも失敗した案件があります。

スポンサーリンク

【正直不動産】月下が失敗した案件

ある高齢の夫婦が事務所を訪れました。

永瀬は夫婦に対して予算の兼ね合いから難しいと諦めてもらいます。

そんな中、月下は横から割り込み夫婦のために物件を探すと言いだしたのです。

↓詳細はこちら↓
⇒月下が成約しそうになった再建築不可物件

月下が夫婦に紹介した物件は、永瀬が現地を確認したところ、再建築不可物件でした。

隣から少しの土地を買うことが出来れば解決するため、月下は何度も隣人に頼み込みます。

月下の頑張りも虚しく、隣人は売却する様子がありません。

裏方で動いていた永瀬は、夫婦に再建築不可物件を解決させることができ物件を仲介することが出来たのです。

やはり、出来る人間は違いますね。

月下は失敗して再建築不可物件を仲介するところでした。

しかし、月下が居なければ夫婦は理想の物件を手に入れることは出来なかったことも事実。

ここでも、月下のお客を思う気持ちが活かされたということですね。

スポンサーリンク

【正直不動産】月下の過去

月下には、つらい過去があったのです。

昔、月下の父は外資系証券会社で働いていて、20代で家を建てました。

しかし、リーマンショックの出来事でリストラに遭ってしまいます。

無理な住宅ローンを組んだせいで支払いが出来ず自宅を手放すことに。

自宅を手放した頃から、夫婦喧嘩が増え溝が生まれ始めたのです。

結局、月下が中学生の頃に親が離婚しました。

そんな父が月下の会社を訪れたのです。

スポンサーリンク

【正直不動産】月下の父に対する名言

月下の父が会社を訪れます。

久しぶりの再会に月下は涙・・・。

そんな父が住まいを探しているとのことで月下は上機嫌。

登坂不動産のライバル会社が月下の父に物件を紹介し契約まで進めたのです。

ところが契約した物件は欠陥住宅ではないかと永瀬が疑惑を抱いたのです。

突然、永瀬はフローリングを壊し決定的な欠陥を見つけることに成功しました。

ここまで来るとある意味執念ですね。

月下と永瀬が相手方に欠陥という事を認めさせ、契約を白紙にすることが出来ました。

月下が父の物件を探すことに。

父は月下が勘違いしているのではと思い、再婚することを打ち明けます。

月下が探す物件は父と再婚相手との部屋探しだったのです。

その事実を知った月下はきっと悲しむだろうと思ったのですが・・・。

(©『正直不動産』)

思いのほか、月下は勘づいていました。

加えて、月下は父に対して名言を放ちます。

(©『正直不動産』)

ほんとそうですよね。

家はただの箱、住んでいる人がどうあるかです。

そのことは今一度考えるべきかもしれません。

スポンサーリンク

【正直不動産】月下のライバル女性

月下には、ライバル視している女性がいます。

それは、不動産営業をしている花澤です。

花澤役は倉科カナさんが演じることになっています。

花澤は、悪徳不動産会社の社員でお客のことより自分の利益しか考えていません。

そのため、月下の営業スタイルとは対照的です。

(©『正直不動産』)

花澤は働く女性としてたくましい。

そんな花澤に対して月下はどう立ち向かうのか・・・。

もしくは歩み寄るのか・・・。

どちらにしても二人のやりとりが楽しみです。

倉科カナさんが悪徳不動産業者をどう演じるのかも楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました