ブルーピリオドアニメの制作会社はどこ?

本記事は、ブルーピリオドアニメの制作会社について紹介しています。

ブルーピリオドのアニメ化が決定し、すごく話題になっていますね。

ブルボンのCMでも起用されるほど人気に。

そんな、ブルーピリオドのアニメを制作する会社がどこか気になりませんか?

 

今回は、ブルーピリオドアニメの制作会社について紹介してきます。

 

気になる人は、記事を読んで見てね。

それでは、どうぞ!

↓関連記事はこちら↓

>>ブルーピリオドのアニメは群青が使われる?

スポンサーリンク

ブルーピリオドアニメの制作会社はどこ?

ブルーピリオドのアニメ化が決定し、多くの人がどこの制作会社か気になっているはず。

 

ブルーピリオドの制作会社は・・・。

「Seven Arcs」。

 

聞いたことある人もいるでしょう。

 

ブルーピリオドでは、美術をメインとした世界観を描いています。

そのため、アニメを制作する際にも色彩や美術に関してある程度ノウハウが必要です。

 

そのことから、「Seven Arcs」は数多くのアニメを制作した有名な会社となっているので出来上がりがすごく楽しみですね。

 

ブルーピリオドを読んだことがあるユーザは、「Seven Arcs」に求めるポイントは次の通りではないかと推測されます。

・作品への理解
・美術のクオリティ
・演出

その他にも、コミックを読んで内容が難しいと感じる人のためにアニメでしかできない表現を使う事でより楽しめる作品に仕上げることが出来るか。

と言ったことが挙げられます。

一番良い例が、「鬼滅の刃」でしょう。

はじめ、コミックを読んだ人がアニメ放送後にこれほどまでに人気が出るものだと予想することが出来たでしょうか?

アニメでしかできない表現できないことがきっとあるはずです。

そのことを踏まえて制作してもらいたいですね。

これから放送されるブルーピリオドのアニメをすごく楽しみにしています。

次に、制作会社の「Seven Arcs」をまとめてみました。

スポンサーリンク

ブルーピリオドアニメの制作会社Seven Arcsとは?

それでは、ブルーピリオドを制作する会社を紹介していきます。

 

株式会社Seven Arcs(セブン・アークス)
東京都練馬区高松5-11-26光が丘MKビル
2019年10月7日(三社合併)
※2000年4月に有限会社アークストゥールスを設立しています。
代表作品は、「魔法少女リリカルなのは」。
ここ最近の作品を紹介します。
最近の作品

(2021年)
・かいじゅう色の島

(2020年)
・トニカクカワイイ
・アルテ

(2019年)
・バミューダトライアングル
・劇場版トリニティセブン

スポンサーリンク

ブルーピリオドアニメの制作会社まとめ

いかがでしたか。

ブルーピリオドアニメの制作会社について紹介してきました。

簡単に紹介してきましたが、アニメの完成が待ち遠しいですね。

2021年10月から放送されるブルーピリオドを是非ご覧になって見てください。

 

↓この記事を読んだ人にオススメ↓

>>ブルーピリオドに登場する龍二は女?

>>ブルーピリオドの世田介を紹介します!

タイトルとURLをコピーしました