二月の勝者の1話を予想してみた!

いよいよ、二月の勝者の1話が始まりますね。

二月の勝者は、中学受験をテーマとした物語となっています。

なので、自分のお子さんが中学受験を考えているなら絶対見るべきです。

今回は、二月の勝者の1話を予想してみました。

それでは、どうぞ。

↓関連記事はこちら↓

>>二月の勝者に出演するキャストを詳しく紹介!

>>二月の勝者に出演している子役が知りたい!

>>二月の勝者は中止になっていた!

スポンサーリンク

【二月の勝者の1話】始まり方を予想してみた

物語のスタートは、桜花ゼミナール吉祥寺で研修生として働く佐倉先生が登場します。

季節は冬で、2月の受験日のある中学校の正門での出来事が印象的。

佐倉先生は、教え子を応援するため受験会場へ向かうことに。

佐倉先生は、学校の正門の前で雪が降っているにも関わらず傘もささず1人の男性が立っていることに気づきます。

この男性は誰だろうと?思っていた矢先に、教え子が到着します。

教え子の顔が青ざめている・・・。

受験会場に来る途中に、どうして解けない問題を見つけてしまったようです。

しかし、佐倉先生に助けを求めますが答えることが出来ない・・・。

すると、立ち尽くしていた男性がスラスラと問題の解き方を伝えます。

最後にこう付け加えます。

心配しなくてもこの問題はテストに出ない

この言葉を聞いた生徒は、安心して受験会場へ向かうことに。

この時、佐倉先生は自分の力不足を思い知るのでした。

結局、助けてくれた男性は誰だったのでしょうか?

スポンサーリンク

【二月の勝者の1話】助けてくれた男性の正体は?

佐倉先生は、正式に桜花ゼミナール吉祥寺の新人講師として勤務します。

佐倉先生は、塾の成績が悪かったという理由で校長がクビになったことを知らされます。

けっこうシビアな世界ですね。

すると、新しい校長が教室へ入ってきます。

佐倉先生は、新しい校長を見て驚くことに・・・。

気になっていた男性がそこにいたのです。

男性の名前は、「黒木蔵人」。

元フェニックスで塾講師として勤めていたとのこと。

黒木先生は、さっそく生徒の前で断言します。

絶対に全員志望校に合格させる

心強い宣言を聞くと、生徒達のやる気出させます。

 

その一方で、佐倉先生や他の塾講師に対してはきわどい言葉を発します。

生徒は顧客で親はスポンサー

黒木先生の合理的な考え方が生徒、親、講師を取り巻くいくつもの問題を起こしていきます。

これから繰り広げられる物語が気になりますね。

>>黒木先生の過去を知りたい方はこちらから

次は、1話で起きたある生徒の問題を解決させる黒木先生を紹介します。

スポンサーリンク

【二月の勝者の1話】おちこぼれの生徒を変える

黒木先生は、おちこぼれている生徒を説得し前向きにさせます。

その生徒の名が「加藤匠君」。

加藤君は、黒木先生が佐倉先生にお願いしたRクラスの生徒です。

Rクラスは、桜花ゼミナールの最低位クラスとなっています。

Rクラスとは言え、はじめてクラスを持たされた佐倉先生は張り切ります。

 

ところが、黒木先生は佐倉先生に対して理不尽なことを言います。

Rクラスはレベルの低い子が集まるクラスだから、ただ塾に通ってお金をおとしてくれればいい

佐倉先生は、このことに対して反発・・・。

黒木先生と佐倉先生は、塾講師としての価値観がまったく異なります。

 

肝心の加藤君と話に戻ります。

佐倉先生が授業している間も加藤君は、窓を眺めてばかりで勉強している様子がありません。

授業についていけないのかな?と思いつつ、佐倉先生はある行動に出ます。

 

それは、加藤君に対して個別指導だったのです。

塾でこの行動はあまり良くないようです。

血胸、周りの生徒から文句を言われることに・・・。

加藤君は、塾を辞めると言いだします。

つまり、佐倉先生が取った行動は裏目に出てしまったのです。

 

佐倉先生と黒木先生の加藤君への視点は異なります。

黒木先生は、加藤君の電車に対する思いを尊重しある行動を取ります。

中学生が作った電車のジオラマ動画を加藤君に見せたのでした。

 

すると、沈黙だった加藤君が・・・。

目を輝かせながら電車について語り始めます。

 

これを見た加藤君の両親も戸惑うことに・・・。

黒木先生は、タイミングを見計らってジオラマを作った中学校のパンフレットを渡します。

これが、黒木先生が取った塾をやめさせない行動でした。

 

自分の好きなことが出来るなら中学校受験頑張ってみようかなと、期待を膨らませることに成功しました。

加藤君の母親も中学受験に対してあまり自信がなく、諦めかけていました。

 

黒木先生のファインプレーにより、加藤君は桜花ゼミナールを辞めずに通い続けることを決心。

実は、佐倉先生も加藤君の電車が好きなことに気づいてました。

しかし、あと一歩踏み込むことが出来ず加藤君を怒らせるだけだったのです。

結局、理不尽なことを言っている黒木先生が結果を残しました。

 

こんな感じでドラマの1話が進むのでは・・・。

スポンサーリンク

【二月の勝者の1話】まとめ

いかがでしたか?

ドラマ「二月の勝者」の1話について予想してみました。

ドラマでは、個性豊かな生徒が多く登場します。

中学受験を考えていないお子さんや、親御さんもドラマを見ることをオススメします。

ドラマの中で、参考に出来ることが絶対あるはずです。

それでは、二月の勝者を楽しみにしています。

 

↓この記事を読んだ人にオススメ↓

>>二月の勝者のドラマがいつ放送さるの?

>>二月の勝者は早稲アカがモデルになっているのでは?

>>志望校のモデルになっている中学校はどこ?

タイトルとURLをコピーしました