ブルーピリオドの橋田は合格することが出来たのか?

ブルーピリオドの橋田は大学受験に合格するのか気になりますよね。

主人の八虎と同じ予備校に通っています。

橋田と言えば、物知りでいつも八虎の相談役をしています。

主人公が受験する藝大だけでなく、別の大学も受験。

今回は、橋田の大学受験の合格結果について紹介します。

橋田のファンは是非、記事をよんでみて下さい。

 

↓関連記事はこちら↓

>>八虎が受験した藝大の結果は?

スポンサーリンク

ブルーピリオドの橋田は合格したのか?

上の図から分かるように、ブルーピリオドの橋田は目立ちます。

そんな、橋田はどこの大学を受験したのしょうか?

多摩美術大学を受験します。

結果は・・・・。

見事合格!!

おめでとうございます。

主人公の八虎が受験する前に、多摩美術大学に合格しました。

八虎からすると、変なプレッシャーが出てきますよね。

橋田にとって、多摩美術大学に合格することはそこまで難しくなかったかもしれません。

と言うのも、橋田は高校時代から美術に関して豊富な知識をもっていました。

さらに、他の人が書いた作品を見る事がとても大好きです。

いわゆる、絵画フェチと言っていいでしょう。

藝大を受験する時も、他の受験者の絵をみれるとワクワクしていた場面があります。

その豊富な知識と異才を放っている橋田は、絵を始めたばかりの八虎にとって物凄く頼りになる存在でした。

大学に入った橋田の成長が楽しみですね。

スポンサーリンク

ブルーピリオドの橋田は合格して当然

橋田は多摩美術大学に見事合格します。

そもそも、橋田は多摩美術大学に合格するべきして合格したと言えるでしょう。

なぜ、それほどまでに橋田が合格に近かったのでしょうか?

 

八虎が橋田と初めて出会ったのは、予備校の油絵科の夜間部でした。

 

高校の時から美術に関して、変態と言われておりある意味有名人。

関西弁を使い、人の感情を上手く刺激することが得意。

 

橋田は絵画を鑑賞することが何よりも大好き。

そのため、「絵描きフェチ」「美術フリーク」と呼ばれるほどに。

 

予備校の担任である大場先生は、橋田のことを「典型的な知識や理屈が先行しているタイプ」と話されています。

見た目とのギャップから絵に関する熱量は半端ではありません。

こういう人が、美術で成功するかもしれませね。

ちなみに、多摩美術大学へ通っているが八虎より藝大に知り合いがいます。

きっと、情報交換しているに違いありません。

スポンサーリンク

ブルーピリオドの橋田の合格についてまとめ

いかがでしたか。

ブルーピリオドの橋田が大学に合格するか紹介してきました。

結果、多摩美術大学に見事合格しています。

橋田が大学へ入学した際には、これまで以上に知識を蓄えさらに美術フェチがパワーアップすることでしょう。

パワーアップした姿をブルーピリオドでご覧になってみて下さい。

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。

 

↓この記事を読んだ人にオススメ↓

>>ブルーピリオドの背表紙に隠された秘密とは?

>>ブルーピリオド大学編に登場するキャラを紹介

>>ブルーピリオドがつまらないって本当?

タイトルとURLをコピーしました