二月の勝者の花恋がフェニックスに転塾?

二月の勝者に登場する花恋がライバル校であるフェニックスに転塾してしまう可能性が・・・。

花恋は、主人公が勤める桜花ゼミナールに通い女子の中でトップ成績を誇っています。

そんな花恋でもフェニックスでは最後尾の席に座ることに・・・。

最後尾に座るということは、トップ成績から遠いことを意味します。

このまま花恋はどうなってしまうのか・・・。

※ネタバレ注意※

 

↓関連記事もどうぞ↓

⇒桜花ゼミナールでトップ成績を誇る島津順の特徴が知りたい方はこちら

スポンサーリンク

二月の勝者の花恋がフェニックスに転塾?

結論から言うと、花恋は桜花ゼミナールからフェニックスへ転塾しません

ある日、桜花ゼミナールで他の生徒に足を引っ張られることを恐れフェニックスの事が気になり始めます。

そこに、灰谷先生が登場し「フェニックスの最高位クラスSに入れます」と言われ一時的にフェニックスのSクラスへ入ることに。

 

しかし、花恋が座った席は最後尾となりフェニックスではその他大勢の生徒になってしまいます。

桜花ゼミナールではトップ成績を誇り周りの生徒から尊敬されていました。

 

フェニックスで「絶対にトップを獲る」と意気込んで勉強をするも・・・。

花恋自身に過剰に負荷がかかってしまい、精神的に病んでしまう状態になってしまいます。

 

このままでは、花恋は志望校である松蔭中学を諦めてしまい、受験を諦める可能性まで出てきてしまうことに・・・。

⇒トップ成績を誇る島津順も志望校を変更する可能性が・・・

スポンサーリンク

二月の勝者の花恋のフェニックスを黒木が留める

花恋がフェニックスの授業を終え、夜街を歩いていると黒木蔵人が現れます。

黒木蔵人は元々、フェニックスの人気講師として働いていたため内情を良く知っています。

⇒黒木蔵人が桜花ゼミナールへ転塾した理由が知りたい方はこちら

 

黒木蔵人は花恋にフェニックスはどうだったか聞き反応をみることに。

 

突然、甘酒には疲労回復が期待できると言い花恋に差し出します。

甘酒を差し出された花恋は。

・・・イミフ。

花恋はこの時、自分の顔が疲れているように見られていることに気づきます。

過剰に勉強していることが黒木にバレていました。

 

黒木は、花恋にこのまま飛ばして勉強しても受験まで続かないと注意します。

すると、花恋は感情がむき出しになり・・・。

自分でやりたいって言ってるのに邪魔しないで。
みんなと同じこと言わないで!

黒木は、花恋が言いたいとことをすべて分かっているかのように話を続けます。

 

スポーツが一番出来る子達は褒められるのに、勉強が出来る特技を持つ子は褒められない現状を伝えます。

黒木は花恋に対して・・・。

「私を褒めて」「私を見て」って思うよね?

花恋はこれまで学校の先生や友達に勉強が出来ることを、素直に理解してもらえなかった苦労を思い出します。

黒木は唯一花恋が抱えていた悩みや苦労を理解していました。

 

花恋は思わず涙が・・・。

スッキリすることが出来、いつもの花恋に戻りました。

 

黒木は花恋にフェニックスでその他大勢の生徒になることは似合わないと告げ・・・。

花恋は女王になれるところでしか輝けない。
Ωの二番目の席まだ空けてあるよ。待ってる。

結局、花恋はフェニックスに転塾することなく桜花ゼミナールで引き続き勉強することになります。

スポンサーリンク

二月の勝者の花恋のフェニックスまとめ

いかがでしたか?

花恋がフェニックス転塾後どうなるか紹介してきました。

結局、黒木がフェニックスへ転塾することを止めています。

今回は、花恋のフェニックスへ入るタイミングが悪くフェニックスの環境に付いていくことが出来ず過剰に負荷を与え精神的に病んでしまう結果になりました。

フェニックスへ入るタイミングが異なっていれば花恋の能力を発揮することができ、さらなる能力が身に付いていた可能性もあるかもしれません。

どちらにしても、花恋が一番楽しい環境で勉強をすることが一番大事なことだと思います。

花恋は勉強熱心なのでぜひ志望校である松蔭中学に合格して欲しいですね。

 

↓この記事を読んだ人にオススメ↓

⇒桜花ゼミナールの全校でトップの織田が優秀すぎる!

⇒花恋と仲良しのジュリはどんな子?

タイトルとURLをコピーしました