二月の勝者のジャイアントキリングは誰なのか?

二月の勝者のジャイアントキリングを起こす生徒がいます。

黒木は一体、誰のことを言っているのでしょうか?

 

突然、黒木は佐倉に対してお題を出します。

佐倉はまったく見当がつきません。

 

今回は、二月の勝者のジャイアントキリングを誰が起こすのか紹介します。

それでは、記事をご覧になって下さい。

※※ネタバレあり※※

 

↓二月の勝者に出演する人を確認したい方↓

⇒二月の勝者に出演するキャストを再確認したい方はこちら

スポンサーリンク

二月の勝者のジャイアントキリングは一体誰?

そもそも、さきほどからジャイアントキリングと連呼していますが・・・。

どういう意味かご存じでしょうか?

ジャイアントキリングとは?

・大判狂わせ(スポーツで良く使われます。)

二月の勝者では、下のクラスから逆転合格といった使い方が正しいかな。

 

黒木がジャイアントキリングを成し得る生徒を下記の3人と予想しています。

・加藤匠
・上杉海斗
・柴田マルミ

黒木はジャイアントキリングを成し得るには、「自分の頭で考えているか」で判断しています。

これって、社会に出てからとても大事なことだと実感しています。

 

学生の頃、先生が教えることだけをそのまま学んでいた経験があります。

今思えば、自分の頭で考える時間が少なかったと感じます・・・。

 

先生からの問いに対して、分からないなりに自分の考え伝えようとする生徒は、伸びます。

逆に、質問に対して自分で考えもせずに返事する生徒は、伸びません。

 

言われてみれば、ごく普通のことだと思いますが小学生の頃にそのことが出来ている生徒って意外に少ないかもしれません。

 

ドラマを見ていると納得する場面がいくつも出てきます。

 

ジャイアントキリングを成し得る3人の生徒を紹介していきます。

スポンサーリンク

二月の勝者のジャイアントキリング:加藤匠

まず1人目は、加藤匠君です。

彼は、桜花ゼミナールの最下位であるRクラスに所属しています。

加藤匠君が登場した当時は、いつも外を眺めて授業どころではありませんでした。

 

Rクラスの担任である佐倉麻衣が加藤君に・・・。

「分からないことがあれば、マンツーマンで教えてあげる」。

これ、塾ではタブーとされている個別対応となっています。

 

案の定、他の生徒から「えこひいき」と言われ、加藤君が文句を言われ傷ついてしまいます。

 

そのことで、加藤匠君は塾を辞めたと言い出します。

これをみていた黒木蔵人は、早速面談することになります。

 

面談の中で・・・。

佐倉麻衣は外にある電車を眺めていることに気づき、黒木に対して加藤匠君に好きなことをさせるため塾を辞めさせるべきだと言います。

 

黒木は、難関校に鉄研クラブがあることを伝えます。

すると、加藤匠君は目の色が変わり次々と電車の話をし始めます。

それを聞いた、周りの大人達は驚きます。

 

黒木のおかげで、加藤君が塾を辞めずに済みました。

 

加藤匠君は、中学校に興味を持ち勉強を率先して行うようになります。

その甲斐もあって、桜花ゼミナールの最高位であるΩクラスへ上り詰めます。

⇒加藤匠の受験環境は整っていた!!

スポンサーリンク

二月の勝者のジャイアントキリング:上杉海斗

2人目は、上杉海斗君。

上杉海斗君は、双子で兄。

弟は、陸斗と言います。

 

上杉海斗君は、桜花ゼミナールで真ん中のAクラスに所属しています。

実は、この双子別々の塾へ通っています。

塾が違う理由としては、志望校の違いにあります。

⇒上杉海斗の志望校は実は〇〇だった!!

兄の海斗君は、母親からあまり期待されておらず中学受験を諦めていました。

 

ところが、ある日・・・。

桜花ゼミナール最高位のΩクラスの島津君と喧嘩をしてしまいます。

 

しかし、海斗君は島津君の家庭状況を理解したことで二人の中で友情が芽生えました。

⇒島津君の父が原因で家庭崩壊!!

 

仲良しになった海斗君は、島津君のことを師匠と呼ぶようになります。

それから、島津君に勉強を教わるようになり最高位クラスのΩクラスへと上り詰めます。

スポンサーリンク

二月の勝者のジャイアントキリング:柴田マルミ

3人目は、柴田マルミ。

柴田マルミは、桜花ゼミナールの最下位のRクラスに所属しています。

小学校は、登校拒否しており保健室登校。

 

登校拒否をしている生徒でも受け入れてくれる桜花ゼミナールへ通い、中学受験を目指すことに・・・。

塾での成績は、パッとせず最下位クラスのまま動かない。

 

そこで、塾の図らないで桜花ゼミナールの卒業生を呼ぶことに。

 

柴田マルミは、卒業生と1人と話すことになり色々、中学校での話を聞きました。

 

それから、行きたい中学校を自分で選ぶことに・・・。

ただ、その学校は難関の女子学院となっている。

柴田マルミは、自分で決めた学校にいくため猛勉強を始めます。

その甲斐あって、最高位クラスのΩへと上り詰めます。

⇒柴田まるみを応援したくなる理由とは?

スポンサーリンク

二月の勝者のジャイアントキリング:まとめ

いかがでしたか?

二月の勝者のジャイアントキリングを成し得る生徒を説明してきました。

加藤匠、上杉海斗、柴田マルミの3人は・・・。

目標を見つけたのことで、勉強が楽しくなりΩクラスへ上り詰めました。

 

3人に共通しているのは、自分で受験する学校を決めています。

これは、受験する上で大切なこととなっています。

親が決めた学校を受験しても、入学した後に問題が発生する可能性があります。

⇒二月の勝者の黒木が起こした過ちをご覧ください。

 

この3人の中で、志望校に合格するのは一体誰なのでしょうか?

⇒二月の勝者の子役が知りたい人はこちら

⇒二月の勝者のキャストを紹介します!

タイトルとURLをコピーしました