沖縄北部にあるキャンプ場の穴場紹介!!地元の人から沖縄旅行者に利用してほしい

沖縄青い空青い海で行うキャンプって良いですよね。

ホテル宿泊と比べて、キャンプだとまた違った楽しみを味わうことが出来ます。

キャンプをしたことがない人って、なにから準備していいか分からないですよね?

道具を揃えることはもちろん大事な事ですが、一番大事なのはキャンプをする場所です。

場所を失敗すると、どんなに素晴らしい道具や食材があっても台無しに。。。

家族や友人との良い思い出を残すためにも、場所をちゃんと調べることです。

今回は、「沖縄北部にあるキャンプ場の穴場」を紹介していきます。

今年、沖縄の北部でキャンプをしたい人、もしくははじめてキャンプをする人は是非参考にしてみて下さい。

それでは、どうぞ!!

スポンサーリンク

沖縄の北部ってどこにあるの?

沖縄の北部でキャンプをする前に、北部がどこにあるのか確認しておきましょう。

沖縄本島では、「北部、中部、南部」と区分けしています。

ちなみに地元の人でも、たまに北部と中部の境目を間違える人がいます。。。

沖縄地元の人は、「北部で〇〇してきた」とか「南部で〇〇楽しかった」といったような言い方で話を進める傾向があります。

なので、北部と言われたら下の地図を思い浮かべながら話をするとだいたいの場所が分かるかと思います。

この機会に沖縄本島の地理を覚えてみては?

(引用元:トラベラーマップ

スポンサーリンク

沖縄北部ってどんなキャンプ場があるの?

沖縄の北部に限らず、沖縄は年間を通して温暖なため通年やっている場所やツアーを通じて行うキャンプ場があります。

そのため、沖縄には魅力的で自然豊かなキャンプ場が多く存在します。

特に、本州と比べて沖縄の海は透き通っているので風景を楽しむだけでも満足出来るかと思います。(個人的に南部より北部の海が奇麗な感じがします。)

沖縄北部のキャンプ場は、自然の海をモチーフに整備されていたり、大自然の森に囲まれた公園をキャンプ場として利用しています。

リゾートホテルでも思う存分楽しむことが出来ます。ただ、シーズンによっては予約が困難であったり、料金が高いことがあります。

リゾートホテルとは違った体験をしたい、または沖縄の自然を肌で感じたいと思う人なら断然、キャンプをお勧めします。

もちろん、キャンプが初めての方でもツアーを通じて行うことが出来るので、道具や食材をを用意せず、手ぶらで参加することも可能です。

また、小さなお子様をお持ちの家族でも利用できるように、設備が整ったキャンプ場が沖縄の北部にはありますでご安心下さい。

一度、キャンプを経験するとまたやりたいと思わせる魅力がありますので、やってみて後悔はしません。

スポンサーリンク

沖縄北部にあるキャンプ場を紹介!!

さあ、沖縄北部にあるキャンプ場を紹介していきます。

紹介するにあたって、下記の項目に念頭に置きながら紹介出来たらと考えています。もちろん、キャンプ場によっては情報がない場合もありますのでご了承下さい。

キャンプ場を選定項目

料金・駐車場の有無・焚火・道具のレンタル・トイレ・シャワー・周辺施設・遊具

屋我地ビーチキャンプ場

沖縄北部キャンプ場と言えば、「屋我地ビーチ」が一番に思い浮かべるのではないでしょうか?

自然を感じるキャンプ場には、ピッタリです。

目の前が海なので海水浴、釣りといったアウトドアを楽しむことが出来ます。また、潮の時間を合わせると、目の前の島へ歩いて渡ることも可能です。

キャンプだけでなく、バンガロー(キャンプなどに用いる、簡易な小屋)もあるので虫が嫌いな人や苦手な人は別で宿泊することが可能となっています。

バンガローは簡易的な造りとなっているが、電化製品等は用意されています。ホテルと違って、料金もすごくリーズナブルなので気軽に利用出来ます。

項目 詳細
料金 入場料(大人1,000円)(子供600円)
テント1張り(2,000円)
バンガロー(6名まで)6,000円
バンガロー(7名以上)9,000円
焚火 直火は禁止となっています。ただし、脚付きのBBQ台であれば問題ありません。
駐車場有無 テントを張る場所に横付けとなっています。
道具のレンタル 手ぶらプランあり。
トイレ・シャワー あり
周辺施設 売店あり
遊具 貸しボート、シーカヤック
基本情報

名称:屋我地ビーチキャンプ場
住所:沖縄県名護市屋我地143番地
アクセス:那覇空港から1時間20分
電話番号:0980-52-8123
公式サイト:http://yagaji-beach.com/camp

つつじエコパークキャンプ場

名前が「つつじエコパーク」と言うだけあって、色々な種類のつつじを見る事が出来ます。

海から少し離れていますが、丘の上にあるキャンプ場となっているので眺めが最高です。

キャンプ場には、区画が2種類あります。

フリーサイト、オートサイトが用意されています。

フリーサイトとは、自由にテントを張る場所を得る。ただし、車の横付けが出来ないデメリットや他の利用者が多いと距離が気になってしまいます。

オートサイトとは、テントを張る場所が決まっており、車を横付け出来るので荷物運びが凄く便利です。また、キャンピングカーを駐車出来るスペースがいくつか用意されています。

オートサイトで一番のメリットは、1300Wまでの電源が近くに用意されているため、野外で電気製品を使うことが出来ます。料金もさほど変わらないので、予約可能ならオートサイトをお勧めします。

さらに、バンガローも用意されているのでキャンプだけでは物足りない人は、別の日に改めて利用してみてもいいかもしれませんね。

項目 詳細
料金 オートサイト1区画1泊(4,400円)
フリーサイト1区画1泊(2,750円)
施設利用料1人(110円)
焚火 直火は禁止となっています。
駐車場有無 オートサイトは、横付けとなっております。フリーサイトは別で駐車場を用意しています。
道具のレンタル テント・寝具類・調理機材・テーブル類
BBQ食材(1人前1,375円)
トイレ・シャワー あり
周辺施設 コンビニ、商店は少し距離があります。
遊具 PA、自然観察船、カヌー、パークゴルフ
※Project Adventure=プロジェクトアドベンチャー
基本情報

名称:つつじエコパークキャンプ場
住所:沖縄県国頭郡東村平良766-1
アクセス:那覇空港から1時間45分
電話番号:0980-43-3300
公式サイト:つつじエコパークキャンプ場

 

済井出ビーチ

済井出?読み方は、「すむいで」。

こちらのビーチは、冒頭で紹介した屋我地ビーチから近くの場所にあります。目の前に広がる海で遊泳するも良し、ビールを片手に海を眺めるもよし。子供から大人まで楽しむことが出来ます。また、子供達が遊泳する時でも石ころが小さく、遠浅なので安心して遊ばせることが出来る場所となっています。キャンプだけでなく、マリンスポーツも合わせて考えることがお勧めです。ただし、現在管理されているビーチなのか不明なため、事前に現地にて確認するほうがいいかもしれません。

管理されていない場所であれば、はじめてキャンプをする人にはお勧めしません。場所はほんと奇麗なので、キャンプに慣れている人であれば利用してもいいかもしれませんね。

項目 詳細
料金
焚火 砂浜の場所であれば問題なさそう。
駐車場有無 あり
道具のレンタル なし
トイレ・シャワー なし
周辺施設 なし
遊具 なし
基本情報

名称:済井出ビーチ
住所:沖縄県名護市字済井出473
アクセス:那覇空港から1時間40分

比地大滝キャンプ場


沖縄県内で一番高い滝(25.7m)があるキャンプ場です。水量が豊富で、自然の豊かさを感じるには最適な場所ですね。また自然を感じつつ充実した施設も整っていることから、安心してキャンプすることが出来ます。キャンプする際は、アウトドアやレクリエーションを合わせて計画しましょう。

沖縄北部で川がある場所でキャンプをしたいなら比地大滝キャンプ場に行きましょう。

海のキャンプ場とまた違った自然の空気感や過ごし方を味わうことが出来るので、是非利用してみては。

項目 詳細
料金 入場料(大人500円)(子供300円)
テント1張り(2,000円)
焚火 直火は禁止となっています。ただし、脚付きのBBQ台であれば問題ありません。(炭は持ち帰ること)
駐車場有無 あり(無料)
道具のレンタル BBQセット貸し出しあり。
※テント類の貸し出しはありません。
トイレ・シャワー あり
周辺施設 コンビニ(車で3分)
遊具 トレッキングコース(約40分の散歩)
基本情報

名称:比地大滝キャンプ場
住所:沖縄県国頭郡村字比地781-1
電話番号:0980-41-3636
アクセス:那覇空港から1時間50分
公式サイト:https://hiji.yuiyui-k.jp/

沖縄県県民の森

沖縄県内で大規模な公園です。キャンプ場は、自然に囲まれた公園内にあります。キャンプ以外にもサイクリングコースやパークゴルフがあるので一日中遊ぶことが出来ます。その他にも、小さな子供でも遊べる遊具があったり、展望台も用意されているので沖縄の眺めを是非ご覧になって下さい。

家族全員で行動するなら、ハイキング出来るコースがあるのでお勧めです。登山するコースも3つあるので自分の体力に合わせてコースを選び、無理せず楽しみましょう。

項目 詳細
料金 宿泊1区画(1,000円)
焚火 不可
駐車場有無 あり(無料)
道具のレンタル BBQセット貸し出しあり。
※テント類の貸し出しはありません。
トイレ・シャワー あり
周辺施設 コンビニ(車で6分)
遊具 サイクリングコース、パークゴルフ、広場
基本情報

名称:沖縄県 県民の森
住所:沖縄県国頭郡恩納村安富祖2028
電話番号:098-967-8092
アクセス:那覇空港から1時間
公式サイト:https://kenminnomori.okinawa/

乙羽岳森林公園キャンプ場

今帰仁村にある、森に囲まれたキャンプ場となっています。海近くのキャンプとは違った閑静な森の中でやんばるの自然を肌で感じることが出来る場所となっています。また、キャンプ場が山岳の近くに位置しているので沖縄で有名な辺戸岬まで見渡すことが出来ます。

公園内は広く、少人数から大人数でキャンプすることが可能となっており、樹木に囲まれた場所であることから突風があった場合でも防ぐことがことが出来るため、初心者に安心して利用できる場所となっています。

さらに、バンガローも設置されているのでキャンプと屋根付き部屋の両方をチェイスし宿泊することでより充実したキャンプを楽しめるのではないかと思います。

是非、一度利用してみては。

項目 詳細
料金 宿泊1区画(2,000円~3,000円)
焚火 直火による焚火やBBQは禁止。
ただし、焼き台や焚火台があれば問題ない。
駐車場有無 あり(無料)
公園入口内に駐車。荷下ろしの専用スペースあり。
道具のレンタル BBQグリルセット、テーブルチェアセット
トイレ・シャワー あり
周辺施設 売店あり。コンビニ(車で10分)
遊具 なし
基本情報

名称:今帰仁村乙羽岳森林公園
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村謝名1332
電話番号:098-967-8092
アクセス:沖縄自動車道「那覇」ICより車で2時間
公式サイト:https://kenminnomori.okinawa/

 

タイトルとURLをコピーしました